Members
 TOPページMembers>会員紹介#2
メンバートップへ123 
渡部信雄 Nobuo Watanabe 
1948年生れ 神奈川県横須賀市在住

 hamanabeの愛称で親しまれる。釣りも好きだが、山菜・キノコも大好きで年中山に入っている。佐渡に行者ニンニクがあると聞けば海を渡り、またエノキやナメコが出てると聞けば雪中行軍もなんのその。
 最近では「プチ源流」へと指向が変わってきている。源流引退はまだまだ早いぞ!つり人社の、つり人別冊『渓流』に寄稿多数。同社の『釣り人の「マジで死ぬかと思った」体験談』に寄稿。自然保護に関し、精力的な活動を行う。「会津のブナを守る協議会」事務局を務める。
瀬畑 孝久 Takahisa Sebata 
 栃木県宇都宮市在住

 忙しい間を縫って源流へと出かける、気力体力充実のお年頃。
近頃やたら後姿が父親に似てきたと云う声もちらほら。
若手への気配りも欠かさず会員からはジュニアの愛称で人気がある。テン場での朝のコーヒーには定評がありこれを目当てに早起きする会員もいるとか。



阿部光延 Mitsunobu Abe 
栃木県芳賀郡在住

 酒を飲んでも乱れることのない宇渓会には珍しい紳士である。氏の名誉のためにお断りするが、むっつり何とかでは断じてないと私は確信している。(はず?、思う?、そんな馬鹿な!!と多様な意見もあるかも知れないが)皆が集まる行事でも嫌な顔ひとつせず、準備、片付けと率先して行う姿勢は他の会員のお手本でもある。
きのこの行事で私(齊藤)と2人で山に入り、私が幸運にも舞茸をゲットし、2人で半分にと。「皆に食べられてしまうから家の土産用に」と念を押したのにやっぱり食べられてしまったようで断りきれない人に良い一面も。オフも手を休めることなく、ワカサギ、管理釣り場と通い詰めているとかで「福島の釣りきち」以上に相当なものと。「栃木の釣りバカ」さんは既に居るし、称号を何としたら。

 
上田 勉 Tsutomu Ueda
千葉県市原市在住

 バリバリの”どさん子”である。元バドミントンの国体選手。現在は、高校の教師で、バドミントン部の顧問を務める。源流に出掛けるときには、どうやら他の先生に授業を頼んでいるらしい。
 釣りスタイルは、エサとテンカラの二刀流。赤やピンクにラメ入りの通称”飲み屋のネエチャン毛鉤”なるものを武器とする。 テン場では”上田式焚火”という、天まで焦がす程に燃え盛るキャンプファイヤーのような焚火が大好きである。山でのビールが忘れられなくて、ザックの中身はいつまでたっても軽くならないのだとか。

佐藤芳信 Yoshinobu Satou
宇都宮市在住

 長年勤めていた会社を定年退職したが、最近時に再就職を果たす。山遊び以外では、酒と競輪が趣味。
 今はもう無くなってしまったが、『源流部会』の部会長を務めていた。
 体調を崩してから源流に出かけることは、めっきり減ってしまった。湯井俣川に一度同行させて頂いたが、今一度氏のテンカラを見せてもらいたいと思っている。

山路由洋 Yoshihiro Yamaji 
1968年生れ 埼玉県入間市在住

 宮崎県出身。愛知、岐阜にて渓流釣りと出会い、泊まりの源流釣行に憧れ、遡行に行き詰まっていた頃、『ドキュメンタリー人間劇場 源流釣師の渓語り』をTVで見て「これだ!」と思い立ち、埼玉へ移住後に『居酒屋むかご』の門を叩く。平江氏を紹介され入会。仕事柄か体育会系で、テン場では良く働く真面目な男である。


阿部秀雄 Hideo Abe 
1950年生れ 神奈川県横浜市在住


 氏のイメージは「知的」「繊細」「物静か」であり、風貌から容易に想像のつく渓遊会随一の「文豪」である。
 しかし源流を目指し、泳ぎ・ヘツリ・懸垂下降をする姿は、穏やかそうな氏の風貌からは想像がつかない。桝形川支流岩魚沢を詰め、東大鳥川西俣沢へと向かうガッツが、細身の体の何処に隠されているのか不思議である。


  猪瀬一雄  Kazuo Inose
鹿沼市在住

 見た目通りの超人ハルクである。釣り場への移動はこだわりのジープで乗り付け金縁サングラスを掛けた風貌には近寄りがたい雰囲気も。見た目とは裏腹にとても気さくな性格は声の大きさと相まって一度仲良くなればこっちのもの。遠距離通勤から解放され益々趣味に没頭する時間が出来たと喜ぶ笑顔がチャーミングに見えるのは私だけだろうか。
 
 
林出政治  Masaharu Hayashide
福島市在住

 私の二人の子供が小さかった頃は、毎日曜になると朝早くからお父さんをさらって行く「つりおじさん」と言われ子供にとっては悪魔のような存在でした。今年からは念願の校長先生の職から解放され、マシンガンのようなオヤジギャグにはさらに磨きがかかり好調先生に。(福島の釣りきちさん談)



山本諦治 Teiji Yamamoto 
神奈川県在住

 2004年6月の成瀬川北ノ俣沢釣行の折、荒倉沢出合から骨折した足を引きずりながら、自力で下山した根性の男である。(詳しくは、つり人社刊 2005渓流 春号  P60参照)
 また、氏はナイフ作りが趣味で、同刊P94に氏のカスタムナイフが同社カメラマン丸山剛氏によって紹介、更には2006.4.23に東京新聞「サンデークラフト−カスタムナイフ作り−」として浦壮一郎氏に紹介されている。
  根本 宏 Hiroshi Nemoto 
本宮市在住

 いつもオヤジギャグマシーン1号&2号なる先輩を自由自在に操っている。時には子機となり急斜面をも這い上がりスラブ、ルンゼもいとわない姿には見る者を感動へと引き込む魅力が信条。近年『バクサレ』を返上し『サカリ』がついたとの噂も。



 
 
メンバートップへ123 
BACK HOME TOP
                          Copyright (C) 2005 utsunomiyakeiyukai. All Rights Reserved.