Members
TOPページMembers>会員紹介#1
メンバートップへ1|23 
瀬畑雄三 Yuzo Sebata [名誉顧問]
1940年生れ 東京都駒込在住 

 青年期、前日光小来川に伝承されていた「日光テンカラ釣り」を習得し、それを独自に継承、発展させ、テンカラ釣りの名手としてその名を馳せる。
 1960年頃から、源流のイワナ釣りに傾倒し、南会津、越後川内・下田山塊などに開拓者として名を残す。以降源流巡礼は東北諸渓から全国、海外に及ぶ。 つり人別冊『渓流』、その他釣り雑誌などに寄稿多数。同社から『新編 渓語り』が発売されている。
岩橋敏夫 Toshio Iwahashi [顧 問]
宇都宮市在住
 
 会の若手にも負けないほどの体力を維持しているのには驚かされる。2004年度は会の源流釣行すべてに参加する。ビールを非常に好み、御神楽沢に500ml缶6本(3g)を背負ってくる。普段は「シルバー隊」を名乗るもこの体力は侮ることができない。
 釣りは、源流・渓流・本流・鮎の友釣りと幅広い。そのほか山菜・キノコにも手を染める。

野尻富雄 Tomio Nojiri [顧 問]
栃木県栃木市在住
 
 キノコに関しては、この御仁なくしては語ることができない。鍋のキノコが足りなければ「俺に任せろ!」と必ず調達してきてくれる。家にはキノコ保存専用の冷蔵庫を 2 機も持っており、売るほど貯蔵しているという噂。頼りになるキノコハンターである。


小鷹 哲  Masaru Kotaka [会 長]
東京都練馬在住

 宇渓会の源流釣行メンバーの中では、アニキ的存在である。会では「突撃隊長」と呼ばれている。最近時、宇渓会の釣行は山越えが多いが、突撃隊長はガンガン泳ぎのある釣行が大好きのようで、「最近はぬるいナー。ガツンとくるヤツに行こうよ!」とボヤイている。

 

小池 卓 Takashi Koike [副会長兼事務局長]
1945年生れ 栃木県今市市在住

 最近では「ドラカラ(ドライフライ・テンカラ)」に凝っている。レベルラインテンカラの名手でもある。  コラム『俺のテンカラ釣り』にて、氏のテンカラ釣りとの出会いや拘りを紹介しています。是非、ご覧ください。

齊藤 敦 Atushi Saitou [副事務局長]
1958年生れ 福島県福島市在住

 自称「福島の釣りキチ」。飯豊・朝日をホームグラウンドとして岩魚、山菜、キノコ、そして酒を楽しんでいる。自宅から30〜40分も車で行けば岩魚、山菜がそこそこ収穫でき、晩酌の食卓に十分間に合ってしまう。関東の我々から見れば贅沢で不便な田舎に住んでいる。秋は山葡萄酒を作り、また冬には防波堤でのチョイ投げや氷上のワカサギ釣りでストレスを解消。身の回りのあらゆるものを山行グッズとして利用してしまうアイデアマン。後輩思いの優しいアニキである。
    前垣均 Hitoshi Maegaki 
茨城県常陸太田市在住


 釣りの経歴とともに山菜、キノコにもひときわならぬ情熱を持つ。
秋には八久和への舞茸詣を欠かさない。我々後輩からも話しやすい物腰の柔らかい山好きのおじさんである。

 
 
平江 誠 Makoto Hirae 
1964年生れ 埼玉県入間市在住

 宇渓会への入会は、『ドキュメンタリー人間劇場 源流釣師の渓語り』をTVで見たのがきっかけ。”自分の求めていた釣りはこれだ!”と思い、入会を決意したのだとか。

 出身は「クロウサギ」が棲む、とある南国の島。地元ではハブがいるために山で遊んだことは無いという。


    高久明夫 Akio Takaku 
1960年生れ 栃木県真岡市在住


 1995年、瀬畑翁に連れられて堀内沢に行ったことがきっかけでテンカラ釣りを始める。
 宇渓会は『源流の精鋭集団』というイメージがあり、「果たして自分が付いて行けるのだろうか?」と、暫く入会をためらっていたようである。現在ではすっかり源流に魅入っており、「あと10年は源流釣りを謳歌したい!」といっている。 会で唯一のサウスポー・テンカラ師。
 
 
石綱 覚 Satoru Ishizuna 
1968年生れ 栃木県宇都宮市在住

 学生時代を盛岡で過ごし、チャリダーをしながら岡や秋田近郊を釣り歩く。何年か前に「大岩魚釣り最強マニュアル」を見て宇都宮渓遊会を知る。また釣りの虫がざわつくが、結婚、子供と忙しい時期であり、遠ざかってしまう。つり人社のきのこ狩りに参加した折、宇賀神氏と知り合いになり、キャッチされる。
 2007年夏、ついに念願の源流へと足を踏み入れる。春には山菜を、秋にはキノコを楽しむ家族思いの優しいパパである。

   三瓶こずえ Kozue Sanbe  [会計]
福島県南会津郡只見町在住

 当宇都宮渓遊会の紅一点「こずえちゃん」
バイタリティに溢れ、言われなくとも淵を泳ぎテンバでは女性ならではの気配りを見せる

ガサツな男どもに囲まれながらも冷静沈着な姿は見習わなければならない会員も多いはず。
焚火の前での歌合戦では恥じらいながらRCサクセションを披露する一面も。

 
   橋本洋文 Hirofumi Hashimoto [会計監査]
栃木県鹿沼市在住

 最近サラリーマン稼業からついに独立し仕事とプライベートの充実で更に忙しくなってしまったようである。
しかしながら、相変わらず付き合いが良いため周囲からの声掛けは以前にも増して氏を忙しくしているようだ。
 管釣りから源流と幅広くこなすスタイルは後輩会員の見本となる。
 
本宮和彦 Kazuhiko Hongu [HP担当]
栃木県小山市在住

 ネットで当会の手拭を購入し、’062月に開催された「渓流発刊20周年のつどい」に参加、二次会で大塚八朗氏に勧められ入会。
 周囲からは真面目な男と見られているが、キャンプ釣行で米を忘れたり、車のドアを開け放したままで釣りに出掛けたりと、実はあわて者の一面もある。
 今は先輩後輩の間に挟まれる中間管理職的な立場も楽しんでいるようである。
メンバートップへ1|23 
BACK HOME TOP
                          Copyright (C) 2005 utsunomiyakeiyukai. All Rights Reserved.